MBA_web_banners_060116.jpg

先駆的なノルウェーの養殖業者 Kvarøy (クヴァロイ)は、アメリカの輸入業者 Blue Circle Foods、デンマークの大手養殖用飼料会社 BioMar、そしてアメリカの自然食品会社 Whole Foods Market とともに、海洋資源の保護と養殖サーモンに含まれる環境汚染物質の削減を実現する画期的な飼料「In the Blue」を開発しました。

ノルウェーで開発されたこの新しい飼料によって、餌として投入される魚と生産される魚の比率が1 : 1 を下回る初の養殖サーモンが生産され、モントレーベイ水族館のSeafood Watch®(シーフード・ウォッチ)プログラムから「Good Alternative (グッド・オルタナティブ)」に認定されました。養殖サーモンとしてこの認定を受けることはとても稀な例です。他のサーモン養殖場の中には、この比率が1.6: 1というところもある中、Whole Foods Marketは水産養殖基準 1 : 1 という目標比を打ち出しています。In the Blueではこの目標比を超えることを目指しました。

こうした飼料を使うことにより、養殖水産品は資源および費用対効果のもっとも高いたんぱく質となる可能性を秘めており、世界の食卓に栄養豊富で環境にやさしいオプションをもたらすことになるでしょう。

 

弊社が目指すもの

In the Blueに関わる全ての会社が目指す一番の目標は、サプライチェーンとインフラをより手頃な価格で拡張性のあるものとし、より多くの養殖業者に取り入れてもらうことで、最終的には消費者に対して最高品質の水産品を提供することです。

このように環境に配慮した取り組みを業界全体で実現することで、健康で美味しく、持続性があり、手頃なたんぱく質という選択肢を世界に届ける機会を作り出すことができます。しかし、このような健康で汚染度の低いサーモンを実現するにあたって必要なものは何でしょうか。それは献身、情熱、そして高い基準の設定です。

飼料

私たちは飼料の栄養構成と材料が大きな違いを生み出すことを知っています。これが私たちの養殖サーモン製品に、新しくより効率的で、無駄の少ない飼料の導入を促すきっかけとなりました。

BioMar がふんだ最初のステップは、魚油の採取元を変えることでした。飼料に使う魚油のために天然の魚を丸ごと捕獲するかわりに、他の目的で捕獲した天然魚のアラを魚油の生産に使用します。アラはニシンやタラ、シシャモ、サバなどからとります。これらの魚種は、適切なオメガ3 比を持つとても脂肪分の多い魚であるため、魚油を得るのに適しています。油を絞った後、残りを乾燥して魚粉とし、これもまた飼料に利用します。この飼料は、Blue Circle Foods にサーモンを供給するノルウェーの二つの養殖業者のために特別に開発したものです。

養殖業者

Kvarøy (クヴァロイ)はノルウェーの養殖パートナーです。同社は、環境と魚の健康を損なわずに、質の高いサーモンを生産することに精力的に取り組んでいます。

もちろん、魚は深い海に設置された網の生け簀(オープンネット)の中で、低密度で飼育します。生け簀の中は魚が泳ぐのに十分な空間があるように、魚 2 % :水 98 % に保たれています。これによって魚へのストレスの軽減、水流の改善、底生環境への影響の最小化、魚が病気にかかるリスクの低減が図られます。私たちは今でも化学添加物、ホルモン剤、または遺伝子組み換え原料を使用していません。

この商品は Whole Foods Market をはじめ、アメリカ国内のいくつかの食料品店で販売されています。

モントレーベイ水族館 Seafood Watch® (シーフード・ウォッチ)プログラム

モントレーベイ水族館の Seafood Watch® (シーフード・ウォッチ)プログラムは、環境に責任を持って供給される水産品について信頼性の高い厳密な科学に基づいて情報発信を行い、消費者や事業者が、海にやさしい方法で捕獲または養殖された水産品を選べるよう後押しします。同プログラムでは、どの水産品が「Best Choices (ベスト・チョイス)」もしくは「Good Alternative (グッド・オルタナティブ)」なのか、そしてどの水産品を「Avoid (回避)」するべきなのか助言を行っています。

詳細は、seafoodwatch.org または報告書をご覧ください。

Certifications

全商品のリストについては、商品一覧をダウンロードしてください。